スリーピー・ホローのでんせつ こディードリッヒ・ニッカボッカーのいこうより
スリーピー・ホローの伝説 故ディードリッヒ・ニッカボッカーの遺稿より

冒頭文

そこは心地よいまどろみの国。 夢は半ばとじた眼の前にゆれ、 きらめく楼閣は流れる雲間にうかび、 雲はたえず夏空に照りはえていた。 ——倦怠(けんたい)の城 ハドソン河の河幅がひろがり、むかしオランダ人の航海者がタッパン・ジーと名づけていたところでは、彼らは用心していつでも帆をちぢめ、航海者の守り、聖ニコラスに加護をねがいながら、横断したものだ。そこの東側の岸にくいこんでいる広

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • スケッチ・ブック
  • 新潮文庫、新潮社
  • 1957(昭和32)年5月20日