たからづかおいたちのき
宝塚生い立ちの記

冒頭文

四十年前の宝塚風景 私が宝塚音楽学校を創めてから、今年でちょうど四十一年になる。今日でこそ、大衆娯楽の理想郷としてあまねく、その名を知られている宝塚ではあるが、学校をはじめた当時は、見る影もない寂しい一寒村にすぎなかった。 そして宝塚という名称は、以前には温泉の名であって、今日のような地名ではなく、しかもその温泉は、すこぶる原始的な貧弱極まるものであった。その温泉の位置はやはり現在

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 宝塚漫筆
  • 阪急電鉄
  • 1980(昭和55)年2月15日