いなかきょうしについて
『田舎教師』について

冒頭文

私は戦場から帰って、まもなくO君を田舎(いなか)の町の寺に訪ねた。その時、墓場を通りぬけようとして、ふと見ると、新しい墓標に、『小林秀三之墓』という字の書いてあるのが眼についた。新仏らしく、花などがいっぱいにそこに供(そな)えてあった。 寺に行って、O君に会って、種々戦場の話などをしたが、ふと思い出して、「小林秀三っていう墓があったが、きいたような名だが、あれは去年、一昨年あたり君の寺に

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 田舎教師 他一編
  • 旺文社文庫、旺文社
  • 1966(昭和41)年8月10日