とうきょうしそうじょうちゅうのつり
東京市騒擾中の釣

冒頭文

騒擾と違警罪 明治三十八年九月五日の、国民大会より、「警察焼打」といふ意外の結果を来(きた)せしかば、市内は俄(にわか)に無警察の状態に陥り、これ見よといふ風に、態々(わざわざ)袒(かたぬ)ぎて大道を濶歩するもの、自慢げに跣足(すあし)にて横行するもの、無提灯にて車を曳(ひ)くものなど、違警罪(いけいざい)者街上に充ち、転(うた)た寒心(かんしん)すべきこと多かりし。 されば、

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 集成 日本の釣り文学 第九巻 釣り話 魚話
  • 作品社
  • 1996(平成8)年10月10日