つりずきいんきょのざんげ
釣好隠居の懺悔

冒頭文

中川の鱸(すずき)に誘(おび)き出され、八月二十日の早天(そうてん)に、独り出で、小舟を浮べて終日釣りけるが、思はしき獲物も無く、潮加減さへ面白からざりければ、残り惜しくは思へども、早く見切りをつけ、蒸し暑き斜陽に照り付けられながら、悄々として帰り途(みち)に就けり。 農家の前なる、田一面に抽(ぬ)き出でたる白蓮の花幾点、かなめの樹の生垣を隔てゝ見え隠れに見ゆ。恰も行雲々裡に輝く、太白星

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 集成 日本の釣り文学 第二巻 夢に釣る
  • 作品社
  • 1995(平成7)年8月10日