みずあかをぎょうしす
水垢を凝視す

冒頭文

一 鮎(あゆ)が水垢(あか)をなめて育つのは誰でも知つてゐる。人間に米や麦が必要であるのと同じやうなものだ。 しかし、水垢のないところでも、鮎は育つ。田園の用水にも、溜池にも棲んで大きくなる。甚しいのになると、相州小田原在山王川のやうな溝川にさへ、盛んに鮎が溯上して来て育つてゐる。だが、水垢のない川に育つた鮎には香気がない。そして、肉がやわらかでおいしくないのである。鮎といふ形

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 集成 日本の釣り文学 第九巻 釣り話 魚話
  • 作品社
  • 1996(平成8)年10月10日