ふじんかいほうのひげき
婦人解放の悲劇

冒頭文

人類の間に存する種々なる集団の根本的差異を論ずるあらゆる政治及び経済上の学説、階級と種族の差異、女権と男権とを画する全ての人工的境界線などいふ様々なものが在るにもかゝはらず、この様な色々な差異が次第に成長して何時か完全な一つのものとなるの日が来るといふ確信を私が抱いてゐる者であるといふことを了(あらかじ)め含んで置いて頂きたい。 と云つて私はなにも平和条約を提供しやうといふのではない。今

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 定本 伊藤野枝全集 第四巻 翻訳
  • 學藝書林
  • 2000(平成12)年12月15日