ばくまついしんかいこだん 36 あぶらつちやせっこうにこころをひかれたはなし
幕末維新懐古談 36 脂土や石膏に心を惹かれたはなし

冒頭文

ちょうど、その時分、虎(とら)の門際(もんぎわ)の辰(たつ)ノ口(くち)に工部省で建てた工部学校というものが出来ました。噂(うわさ)に聞くと、此校(ここ)では西洋人を教師に傭(やと)って、絵や彫刻を修業しているのだということ、絵は油絵であり、彫刻は西洋彫刻をやっているのだという評判……そういう話を聞くと、私はそれを見たくて仕方がないが、しかし見るわけにも行かぬ。生徒には藤田文三氏、長沼守敬(ながぬ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 幕末維新懐古談
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1995(平成7)年1月17日