きぼりウソをつくったとき
木彫ウソを作った時

冒頭文

私は自分で生きものを飼う事が苦手のため、平常は犬一匹、小鳥一羽も飼っていないが、もともと鳥獣虫魚何にてもあれ、その美しさに心を打たれるので、街を歩いていると我知らず小鳥屋の前に足をとめる。母が生きていた頃だからもう十幾年か以前の事である。或る冬の日本郷肴町(ほんごうさかなまち)の小鳥屋の前に立って、その頃流行していたセキセイインコの籠のたくさん並んでいるのを見ていたが、どうもこの小鳥の極彩色の華美

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆2 鳥
  • 作品社
  • 1983(昭和58)年4月25日