フランソア・コッペほうもんき
フランソア・コッペ訪問記

冒頭文

僕が詩人フランソア・コッペをマンドルの田舎に訪問したのは、十月の晴々した日であつた。僕は以前からこの別荘の名は知ってゐたし。また誰が尋ねて行つても歓迎されると云ふことも、聞いてゐた。新聞記者などがコッペの閑居『苺園(フレジエール)』の事を語る時にはいつも愉快さうな調子で話してゐたので。 ……そこで僕達は出発した。僕達といふのは学友のシャルル・ブノワが同行したからである。ブノワはコッペの縁

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆74 客
  • 作品社
  • 1988(昭和63)年12月25日