つちからてが
土から手が

冒頭文

1 山のように材木を満載した貨物自動車の頂上に据わって、トニィ・フェルナンデは、キャリフォルニア州聖(サン)マテオ郡のソウヤー仮部落(キャンプ)街道を、仕事先から自宅を指して走らせていた。一九一九年、三月八日の午後である。 毎日同じ道を往復しているので、其処らの樹木の多い、それでいて、殺風景な田舎の景色には飽きあきしていたが、その癖トニィは何時の間にかトラックの上から、道路の直

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 世界怪奇実話Ⅰ
  • 桃源社
  • 1969(昭和44)年10月1日