クリスマスのおくりもの
クリスマスの贈物

冒頭文

「ねえ、かあさん」 みっちゃんは、お三時(やつ)のとき、二つ目の木の葉パンを半分頬(ほお)ばりながら、母様にいいました。 「ねえ、かあさん」 「なあに、みっちゃん」 「あのね、かあさん。もうじきに、クリスマスでしょ」 「ええ、もうじきね」 「どれだけ?」 「みっちゃんの年ほど、おねんねしたら」 「みっちゃんの年ほど?」 「そうですよ」 「じゃあ、かあさん、一つ二つ三つ…

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 童話集 春
  • 小学館文庫、小学館
  • 2004(平成16)年8月1日