たんやのころ
短夜の頃

冒頭文

毎日よく降つた。もはや梅雨明けの季節が來ている。町を呼んで通る竿竹賣の聲がするのも、この季節にふさはしい。蠶豆賣(そらまめうり)の來る頃は既に過ぎ去り、青梅を賣りに來るにもやゝ遲く、すゞしい朝顏の呼聲を聞きつけるにはまだすこし早くて、今は青い唐辛(たうがらし)の荷をかついだ男が來はじめる頃だ。住めば都とやら。山家生れの私なぞには、さうでもない。むしろ住めば田舍といふ氣がして來る。實際、この界隈に見

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆18 夏
  • 作品社
  • 1984(昭和59)年4月25日