いらごのたび
伊良湖の旅

冒頭文

北から吹く風が冷たく湖上を亙つて来た。浜名湖の波は白く一様に頭を上げて海の方へ逆押しに押し寄せる。 四月の上旬で、空の雲はちぎれ〳〵に風に吹かれて四方の山へひらみ附いてゐる。明るい光が空を滑つて湖上に落ち、村櫛(むらくし)、白州、大崎の鼻が低く黒く真向ふに見えてゐる。 新居(あらゐ)への渡船を待つて弁天島の橋際に立つてゐた。ギイギイ艫の音を立てゝ一艘の小船が橋の下へ湖水の方から

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 現代日本紀行文学全集 中部日本編
  • ほるぷ出版
  • 1976(昭和51)年8月1日