しごとしてのにほんご
詩語としての日本語

冒頭文

銘酊船 さてわれらこの日より星を注(すす)ぎて乳汁色(ちちいろ)の 海原の詩(うた)に浴しつゝ緑なす瑠璃を啖(くら)ひ行けば こゝ吃水線は恍惚として蒼ぐもり 折から水死人のたゞ一人(ひとり)想ひに沈み降り行く 見よその蒼色(あをぐもり)忽然として色を染め 金紅色(きんこうしよく)の日の下にわれを忘れし揺蕩(たゆたひ)は 酒精(アルコル)よりもなほ強く汝(なれ)が立琴(リイル)

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 昭和文学全集 第4巻
  • 小学館
  • 1989(平成元)年4月1日