ちえこのはんしょう
智恵子の半生

冒頭文

妻智恵子が南品川ゼームス坂病院の十五号室で精神分裂症患者として粟粒性(ぞくりゅうせい)肺結核で死んでから旬日で満二年になる。私はこの世で智恵子にめぐりあったため、彼女の純愛によって清浄にされ、以前の廃頽(はいたい)生活から救い出される事が出来た経歴を持って居り、私の精神は一にかかって彼女の存在そのものの上にあったので、智恵子の死による精神的打撃は実に烈(はげ)しく、一時は自己の芸術的製作さえ其の目

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 昭和文学全集第4巻
  • 小学館
  • 1989(平成元)年4月1日