くろゆり
黒百合

冒頭文

序 越中の国立山(たてやま)なる、石滝(いわたき)の奥深く、黒百合となんいうものありと、語るもおどろおどろしや。姫百合、白百合こそなつかしけれ、鬼と呼ぶさえ、分けてこの凄(すさま)じきを、雄々しきは打笑い、さらぬは袖几帳(そでぎちょう)したまうらむ。富山の町の花売は、山賤(やまがつ)の類(たぐい)にあらず、あわれに美しき女なり。その名の雪の白きに愛でて、百合の名の黒きをも、濃い紫と見たまえか

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 泉鏡花集成2
  • ちくま文庫、筑摩書房
  • 1996(平成8)年4月24日