アッシェンプッテル ―はいかぶりひめのものがたり―
アッシェンプッテル ―灰かぶり姫のものがたり―

冒頭文

だんなさんがお金もちの、ある女のひとがいました。その女のひとは、びょうきでねこんでいました。もうながくはない、と女のひとはおもって、じぶんのうんだ、たったひとりのむすめを、まくらもとによんで、こういいました。 「いつもおもいやりのある子でいるんですよ。わたしはおそらの上から、あなたのことを、ずっと見まもっていますからね。」 まもなく、女のひとはめをとじて、いきをひきとりました。にわに、

文字遣い

新字新仮名

初出

底本