ぎんがてつどうのよる
銀河鉄道の夜

冒頭文

一 午後の授業 「ではみなさん、さういふふうに川だと云はれたり、乳の流れたあとだと云はれたりしてゐた、このぼんやりと白いものが何かご承知ですか。」 先生は、黒板に吊した大きな黒い星座の圖の、上から下へ白くけぶつた銀河帶のやうなところを指しながら、みんなに問ひをかけました。 カムパネルラが手をあげました。それから四五人手をあげました。ジヨバンニも手をあげようとして、急いでそのま

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 銀河鉄道の夜
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1951(昭和26)年10月25日