きりのたび
霧の旅

冒頭文

北國(ほくこく)街道の上には夏草がのびてゐた。 柏原(かしはばら)から野尻湖まで一里ばかりの間、朝霧が深くかゝつてゐて、路上の草には露が重かつた。汽車をおりて初めて大地を踏んで行く草鞋の心持、久振で旅を味ふ心には、總てが鮮かに感じられた。 柏原には一茶(いつさ)の俳諧寺(はいかいじ)の在ることは聞いてゐたが、霧が深くて見に行く氣にもなれなかつた。何處の國道沿ひにでも見る破驛(は

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 現代日本紀行文学全集 中部日本編
  • ほるぷ出版
  • 1976(昭和51)年8月1日