アラメダより
アラメダより

冒頭文

アラメダの飛行場へ行った。 『飛行機に乗ろう?』 『およしなさい。落ちたら大変です。奥様に申訳がない。』 それはミセス山田の制止であった。そこへのこのこやって来たのはプーシャイドという男。おれの飛行機は美しいから見せてやろうという。見るだけならというので、一行は柵の中に入って行った。そして飛行機エリオットを見ているうちに、つい乗りたくなってセエキスピアと二人で乗ってしまった。ミセス山

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 世界紀行文学全集第17巻北アメリカ編
  • 修道社
  • 1959(昭和34)年3月25日