ちじょう ちにひそむもの
地上 地に潜むもの

冒頭文

虐げらるゝ者の涙流る 之を慰むる者あらざる なり  ——傳道之書     第一章 大河平一郎が学校から遅く帰って来ると母のお光は留守でいなかった。二階の上り口の四畳の室の長火鉢の上にはいつも不在の時するように彼宛ての短い置手紙がしてあった。「今日は冬子ねえさんのところへ行きます。夕飯までには帰りますから、ひとりでごはんをたべて留守をしていて下さい。母」平一郎は彼の帰宅を

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 地上
  • 季節社
  • 2002(平成14)年10月15日