こどものせかい
子どもの世界

冒頭文

一 ゆるやかな傾斜が、午後になると西南の陽をいっぱいに受けていた。一本の太い楢の枝が屋根代用となり、その下に密生している若い楢の梢が適当な防空天幕となっている。このなかの熊笹をかりとって、筵三畳の防空陣である。山すその青田から吹きあげる風が、山全体の濶葉樹の梢をゆすり、風の音がさわさわと深緑の感覚を呼ぶ。 この樹の下に四人の子どもはぼくをとりまいて風の音をきいていた。風の音にまじっ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 村山俊太郎著作集 第三巻
  • 百合出版
  • 1968(昭和43)年4月5日