きんろう
金狼

冒頭文

1 市電をおりた一人の男が、時計を出してちょっと機械的に眺めると、はげしい太陽に照りつけられながら越中島から枝川町のほうへ歩いて行った。左手にはどす黒い溝渠(ほりわり)をへだてて、川口改良工事第六号埋立地の荒漠たる地表がひろがっていて、そのうえを無数の鴎が舞っていた。 その男は製粉会社の古軌条(レール)置場の前で立ちどまると、ゴミゴミした左右の低い家並を見まわしながら、急にヒク

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 久生十蘭全集 Ⅶ
  • 三一書房
  • 1970(昭和45)年5月31日