あごじゅうろうとりものちょう 15 ひだかがわ
顎十郎捕物帳 15 日高川

冒頭文

金の鱗(うろこ) 看月(つきみ)も、あと二三日。 小春日に背中を暖めながら、軽口をたたきたたき、五日市街道の関宿の近くをのそのそと道中をするふたり連れ。ひょろ松と顎十郎。 小金井までの気散じの旅。名代(なだい)の名木(めいぼく)、日の出、入日はもう枯葉ばかりだが、帰りは多摩川へぬけて、月を見ながら鰻でも喰おうというつもり。 ひょろ松は、小金井鴨下村(こがねいかも

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 久生十蘭全集 Ⅳ
  • 三一書房
  • 1970(昭和45)年3月31日