あごじゅうろうとりものちょう 12 かんりんまるうけとり
顎十郎捕物帳 12 咸臨丸受取

冒頭文

川風(かわかぜ) 「阿古十郎さん、まア、もうひとつ召しあがれ」 「ごうせいに、とりもつの」 「へへへ」 「陽気のせいじゃあるまいな」 「あいかわらず、悪い口だ。……いくらあっしが下戸(げこ)でも、船遊びぐらいはいたします。……これがあたしの持病でね。……まア、いっぱい召しあがれ」 川面(かわも)から映(て)りかえす陽のひかりが屋根舟の障子にチラチラとうごく。 むこうは水神

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 久生十蘭全集 Ⅳ
  • 三一書房
  • 1970(昭和45)年3月31日