あごじゅうろうとりものちょう 10 のぶしだいみょう
顎十郎捕物帳 10 野伏大名

冒頭文

客の名札(なふだ) 勝色定紋(かちいろじょうもん)つきの羽二重の小袖に、茶棒縞の仙台平(せんだいひら)の袴を折目高につけ、金無垢の縁頭(ふちがしら)に秋草を毛彫りした見事な脇差を手挾(たばさ)んでいる。どう安くふんでも、大身の家老かお側役といったところ。 五十五六の篤実な顔立ち。なにか心配ごとがあると見えて白い鬢のあたりをそそけさせ、いやな色に顔を沈ませている。重厚に、膝に手をおい

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 久生十蘭全集 Ⅳ
  • 三一書房
  • 1970(昭和45)年3月31日