あごじゅうろうとりものちょう 06 さんにんめ
顎十郎捕物帳 06 三人目

冒頭文

左きき 「こりゃ、ご書見(しょけん)のところを……」 「ふむ」 書見台(しょけんだい)から顔をあげると、蒼みわたった、鬢(びん)の毛のうすい、鋭い顔をゆっくりとそちらへ向け、 「おお、千太か。……そんなところで及び腰をしていねえで、こっちへ入って坐れ」 「お邪魔では……」 「なアに、暇ッつぶしの青表紙、どうせ、身につくはずがない。……ちょうど、相手ほしやのところだった」 「じ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 久生十蘭全集 Ⅳ
  • 三一書房
  • 1970(昭和45)年3月31日