にじのはし
虹の橋

冒頭文

一 北川千代は栃木刑務所で服役中の受刑者で、公訴の罪名は傷害致死、刑期は六年、二十八年の三月に確定し、小菅の東京拘置所から栃木刑務所に移され、その年の七月に所内で女児を分娩した。 受刑者名簿には北川千代となっているが、記名の女性は二十七年の九月に淡路島の三熊山で死亡しているので、もちろん当人であろうわけはない。北川千代の名で服役しているのは、真山あさひという別個の人格なのだが、

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 久夫十蘭全集 Ⅱ
  • 三一書房
  • 1970(昭和45)年1月31日