しゅんせつ
春雪

冒頭文

一 四月七日だというのに雪が降った。 同業、東洋陶器の小室(こむろ)幸成の二女が、二世のバイヤーと結婚してアメリカへ行くのだそうで、池田藤吉郎も招かれて式につらなった。式は三越の八階の教会で二十分ばかりですんだが、テート・ホテルで披露式があるというので、そっちへまわった。 会場からほど遠い、脇間(わきま)の椅子に掛け、葉巻をくゆらしながら窓の外を見ると、赤い椿の花のう

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 久生十蘭全集 Ⅱ
  • 三一書房
  • 1970(昭和45)年1月31日