フランドンのうがっこうのぶた
フランドン農学校の豚

冒頭文

冒頭原稿一枚?なし 以外の物質は、みなすべて、よくこれを摂取(せっしゅ)して、脂肪(しぼう)若(もし)くは蛋白質(たんぱくしつ)となし、その体内に蓄積(ちくせき)す。」とこう書いてあったから、農学校の畜産(ちくさん)の、助手や又(また)小使などは金石でないものならばどんなものでも片(かた)っ端(ぱし)から、持って来てほうり出したのだ。 尤(もっと)もこれは豚の方では、それが生れつきなのだし

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 新編 風の又三郎
  • 新潮文庫、新潮社
  • 1989(平成元)年2月25日