にほんのしんのすがた
日本の真の姿

冒頭文

只今後藤さんから御紹介を得まして、頗る過當な御評價でくすぐつたい思ひを致しました。併ながら名物に旨いものなしと申しますから、御紹介通りのことを申上げることが出來るか、頗る自信を缺いて居ります。私は今晩は日本の眞の姿と云ふことに付てお話を申上げたいのであります。希臘の哲學者の言葉に、人間第一の務は己を知ると云ふことだと申して居ります。洵に適切の言葉と思ひます。是と同じく日本人は日本自體を知らなければ

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 日本の真の姿
  • 石井氏還暦記念講演会
  • 1938(昭和13)年11月17日