ばくまついしんかいこだん 15 やけあとのみじめなはなし
幕末維新懐古談 15 焼け跡の身惨なはなし

冒頭文

帰ったのは九ツ過ぎ(十二時過ぎ)でした。さすがの火事もその頃は下火となって、やがて鎮火しました。 火事の危険であった話や、父に扶(たす)けられた話や、久方(ひさかた)ぶり、母との対面や何やかやで、雑炊(ぞうすい)を食べなどしている中(うち)、夜は白々(しらじら)として来ました。 さて、翌朝になり、焼け跡はどうなったか。師匠の家の跡は……と父とともに心配をしながら行って見ると、師

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 幕末維新懐古談
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1995(平成7)年1月17日