りょうや
良夜

冒頭文

予は越後三条の生れなり。父は農と商を兼ねたり。伯父は春庵とて医師なり。余は父よりは伯父に愛せられて、幼きより手習(てならい)学問のこと、皆な伯父の世話なりし。自ら言うは異な事なれど、予は物覚えよく、一を聞て二三は知るほどなりしゆえ、伯父はなお身を入れてこの子こそ穂垂という家の苗字を世に知らせ、またその生国(しょうごく)としてこの地の名をも挙るものなれとて、いよいよ珍重して教えられ、人に逢えばその事

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 新潟県文学全集 第1巻 明治編
  • 郷土出版社
  • 1995(平成7)年10月26日