まほうさがし
魔法探し

冒頭文

一 むかし、ペルシャに大変えらい学者がいました。天地の間に何一つ知らないことはないというほど、あらゆる学問をきわめつくした人で、国王や人民達から非常に尊敬されていました。 ところがある日、高い塔の上から濠(ほり)の中に落ちて死んだ人を見て、彼はこう考えました。 「鳥は空を飛ぶことができるし、魚(うお)は水の中を泳ぎ廻(まわ)ることができる。それなのに人間だけは、空を飛ぶことも

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 豊島与志雄童話作品集1 夢の卵
  • 銀貨社
  • 1999(平成11)年12月17日