よのなかへ
世の中へ

冒頭文

一 私が伯父を頼(たよ)つて、能登(のと)の片田舎から独り瓢然と京都へ行つたのは、今から二十年前、私の十三の時であつた。 私の父は京都生れの者で、京都には二人の兄と一人の姉とが居た。長兄は本家の後を嗣(つ)いで万年寺通に仏壇屋をやつて居たし、次兄は四条橋畔に宿屋と薬屋とをやつて居り、姉は六条の本願寺前に宿屋を営んで居た。そして私の姉は、その三年前、十三の年に京都へ行つて、六条の

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 現代日本文学全集 34
  • 筑摩書房
  • 1955(昭和30)年9月5日