ウォリクのしろ
ウォリクの城

冒頭文

This castle hath a pleasant seat ; the air Nimbly and sweetly recommends itself Unto our gentle senses. —— Macbeth 一 ウォリクは城で持つ町で、ウォリクの城は「イギリスの封建時代の貴族の居城のうちでも最も壯大なもので、今も貴族の住居のままである」といふ

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 西洋見學
  • 日本評論社
  • 1941(昭和16)年9月10日