たいせんだっしゅつき
大戦脱出記

冒頭文

一 パリとの通話 エスパーニャに居る間に中歐の形勢はどんどん惡化して行つた。 ドイツが突然ソヴィエトと握手したといふ報道がサン・セバスティアン(公使館所在地)に傳はつたのは八月二十二日(一九三九年)だつた。その朝私たちは食卓で前の日に見た鬪牛の話をしてゐた。そこへ入つて來た矢野公使にその話を聞かされた時は驚いた。ソヴィエトとドイツが不可侵條約を結んだとすれば、今までの防共協定なるも

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 西洋見學
  • 日本評論社
  • 1941(昭和16)年9月10日