のうみんげいじゅつのこうりゅう
農民芸術の興隆

冒頭文

……何故われらの芸術がいま起らねばならないか…… 曾ってわれらの師父たちは乏しいながら可成楽しく生きてゐた そこには芸術も宗教もあった Büchner 明治維新以前 家屋 衣服 食物 労働 宗教 音楽 舞踊 芝居 遊楽 創造 経済の変動に伴ふ所有衝動の発達 科学による急激な技術の進歩による機械的の設計 田植踊 節句 祈願 植物医師の例 労働は古に遡るに従って漸く非労働とな

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 【新】校本宮澤賢治全集 第十三巻(上)覚書・手帳 本文篇
  • 筑摩書房
  • 1997(平成9)年7月30日