けちょう
化鳥

冒頭文

第一 愉快(おもしろ)いな、愉快(おもしろ)いな、お天気(てんき)が悪くつて外(そと)へ出(で)て遊(あそ)べなくつても可(いゝ)や、笠(かさ)を着(き)て蓑(みの)を着(き)て、雨(あめ)の降(ふ)るなかをびしよ〴〵濡(ぬ)れながら、橋(はし)の上(うへ)を渡(わた)つて行(ゆ)くのは猪(いぬしゝ)だ。 菅笠(すげがさ)を目深(まぶか)に冠(かぶ)つて潵は大(おほき)なものよ、大方(おほ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 短篇小説名作選
  • 現代企画室
  • 1982(昭和57)年4月15日