ながさきのでんわ
長崎の電話

冒頭文

京都西陣(にしじん)の某と云う商店の主人は、遅い昼飯(ひるめし)を喫(く)って店の帳場(ちょうば)に坐っていると電話のベルが鳴った。主人は己(じぶん)で起(た)って電話口へ出てみると聞き覚えのある声で、 「あなたは——ですか」 と云ってこちらの名前を聞くので、 「そうです、あなたはどなたです」 と聞くと、 「わたしは○○です」 と云った。それは主人の弟で支那(し

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 伝奇ノ匣6 田中貢太郎日本怪談事典
  • 学研M文庫、学習研究社
  • 2003(平成15)年10月22日