しょうどにのこるかい
焦土に残る怪

冒頭文

昭和九年三月二十一日の函館(はこだて)の大火は、その日の午後六時から翌朝の七時まで燃えつづけて、焼失家屋二万四千戸、死傷者三千人を出したが、その時火に追われた市民は、猛火の中をくぐって安全な場所から場所へと逃げ廻った。しかし、風速三十メートルの烈風に煽(あお)られた猛火の中では、どうすることもできなかった。 山から海へ、避難民は続々としておしかけたが、そこでもまた猛火に包まれて焼死する者

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 伝奇ノ匣6 田中貢太郎日本怪談事典
  • 学研M文庫、学習研究社
  • 2003(平成15)年10月22日