いわなのかい
岩魚の怪

冒頭文

村の男は手ごろの河原石を持って岩の凹(くぼ)みの上で、剥(は)いだ生樹(なまき)の皮をびしゃびしゃと潰(つぶ)していた。その傍(そば)にはまだ五六人の仲間がいて潰した皮粕(かわかす)を円(まる)めて笊(ざる)の中へ入れたり、散らばっている樹(き)の皮を集めてその手許(てもと)に置いてやったりした。 そこは木曾(きそ)の御嶽(おんたけ)つづきの山の間で、小さな谷川の流れを中にして両方から迫

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 伝奇ノ匣6 田中貢太郎日本怪談事典
  • 学研M文庫、学習研究社
  • 2003(平成15)年10月22日