まのでんちゅう
魔の電柱

冒頭文

昭和十年九月二十八日の夜の八時比(ごろ)、駒込神明(しんめい)町行の市電が、下谷池(したやいけ)の端の弁天前を進行中、女の乗客の一人が、何かに驚いたように不意に悲鳴をあげて、逃げ出そうとでもするようにして上半身(かみはんしん)を窓の外へ出したところで、そこにあったセンターポールで顔を打って昏倒した。 その女客は浅草区西鳥越町の市川喜太郎と云う人の細君で、墓参(ぼさん)に往っての帰途(かえ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 伝奇ノ匣6 田中貢太郎日本怪談事典
  • 学研M文庫、学習研究社
  • 2003(平成15)年10月22日