ははのへんし
母の変死

冒頭文

よく肉親の身の上に変事があると、その知らせがあると云いますが、私にもそうした経験があります。 私の母は六十七歳で変死したのですが、今でもその時の事を思いだしますと、悲しくてしかたがありません。それは秋のことでしたが、母は長い間口癖のように云っていた善光寺参詣(まいり)をする事になって、喜んで家(うち)を出ましたが、出たっきり何の音沙汰もありません。もっとも母は無筆(むひつ)ですから、自分

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 伝奇ノ匣6 田中貢太郎日本怪談事典
  • 学研M文庫、学習研究社
  • 2003(平成15)年10月22日