とんねるないのかいか
隧道内の怪火

冒頭文

兵庫県と岡山県の境になった上郡と三石(みいし)間の隧道(トンネル)の開鑿(かいさく)工事は、多くの犠牲者を出してようやく竣工しただけに、ここを通る汽車は、その車輪の音までが、 「骨がたりない、トコトコトン」 と聞えると云って、車掌たちから恐れられていた。 それは十数年前の夏の夜のことであった。新らしく乗りこんだ一人の車掌が、熱くてしかたがないので、展望車のデッキに出て涼んでい

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 伝奇ノ匣6 田中貢太郎日本怪談事典
  • 学研M文庫、学習研究社
  • 2003(平成15)年10月22日