いたどりとり
虎杖採り

冒頭文

閨秀(けいしゅう)画家の伊藤美代乃女史は、秋田の出身であるが、その女史が小さい時、それは晩春(はるさき)の事であった。某日(あるひ)隣の友達と裏の田圃(たんぼ)へ出て、虎杖(いたどり)を採って遊んでいると、どこからともなく六十位の優しそうな老人が来て、 「わしにもおくれ」 と云うので、採っていた虎杖を二つ三つやると、老人は皮も除らないでべろりと喫(く)ってしまって、また手を出して、

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 伝奇ノ匣6 田中貢太郎日本怪談事典
  • 学研M文庫、学習研究社
  • 2003(平成15)年10月22日