きょうかたびらのひみつ
経帷子の秘密

冒頭文

一 吉田君は語る。 万延元年——かの井伊大老の桜田事変の年である。——九月二十四日の夕七つ半頃(午後五時)に二挺の駕籠(かご)が東海道の大森を出て、江戸の方角にむかって来た。 その当時、横浜(ハマ)見物ということが一種の流行であった。去年の安政六年に横浜の港が開かれて、いわゆる異人館(いじんかん)が続々建築されることになった。それに伴って新しい町は開かれる、遊廓も作られる

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 光文社文庫、光文社
  • 1990(平成2)年8月20日