ぎょうこつき 02 さんぱくにっき
行乞記 02 三八九日記

冒頭文

十二月廿八日 曇、雨、どしや降り、春日へ、そして熊本へ。 もう三八九日記としてもよいだらうと思ふ、水が一すぢに流れるやうに、私の生活もしづかにしめやかになつたから。—— 途上、梅二枝を買ふ、三銭、一杯飲む、十銭、そして駅で新聞を読む、ロハだ。 夕方から、元坊を訪ねる、何といふ深切さだらう、Y君の店に寄る、Y君もいゝ人だ、I書店の主人と話す、開業以来二十七年、最初の最深の不景気だといふ、さうだ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 山頭火全集 第三巻
  • 春陽堂書店
  • 1986(昭和61)年5月25日