きゅうぶんにほんばし 08 もくぎょのかお
旧聞日本橋 08 木魚の顔

冒頭文

鼠小僧(ねずみこぞう)の住んでいた、三光新道のクダリに、三光稲荷(いなり)のあったことを書きおとした。三光稲荷は失走人の足止の願がけと、鼠をとる猫の行衛(ゆくえ)不明の訴(うったえ)をきく不思議な商業(あきない)のお稲荷さんで、猫の絵馬が沢山かかっていた。霊験(れいげん)いやちこであったと見え、たま、五郎、白、ゆき、なぞの年月や、失走時や、猫姿を白紙に書いて張りつけてあった。その近くに鼠小僧の隠れ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 旧聞日本橋
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1983(昭和58)年8月16日